CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ノコニッキ
Welcome to my room
ブログパーツUL5
Search this site


オトナになって、まさか、まさかのアイドル落ち!
嵐・大野くんとの出会いから始まった、アラシックな日々を綴ります。
<< cuteすぎるでしょうよ! | TOP | カバチ最終話に大野さん登場! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
道は続いていくんだな

「Troublemaker」PVのメイキングより。

「…回った!」
「ハンパねー(笑)
 ちょうキレてるじゃないですか、センターの人」
と、松本さんに絶賛された後、バカ笑いをするセンターの人が好きです♪


NEWSの小山くんが日テレ系のニュース番組にレギュラー出演が決定したそうですね。
ちょうキレてるセンターの人に続いて、報道分野への進出。
この一報を聞いたとき、小山くん本人はもちろん、翔くんもきっと喜んだだろうと思います。
「少なくとも後に続く後輩たちに道は作れた」。
どこで読んだんだか、翔くんの言葉。こうして道はつながっていくんだな〜。

パイオニアってね、単純にそれだけでスゴいと思うんですよ。
誰もチャレンジしなかった所に風穴を開けるんだもんな〜。
ちなみに、開拓者と聞いて私のアタマに浮かぶのは、野茂英雄さんです。
日本球界での輝かしい実績を捨てて、新天地に向かった人。
イチローはじめ日本人プレーヤーたちが活躍できる道を作った人。
メジャーのオールスターゲームに日本人として初先発したときの、
あのはにかんだような笑顔が今も忘れられません。
あのとき、ものすごく感動したんですよ。夢は叶えるものなんだって。

翔くんも夢を叶えて、その世界が現実のものになって、
キャスター業務を通して日々喜びを感じているだろうけれど、
こうして後輩が後に続いてくれることに、さらに大きな喜びがあるんじゃないのかな。
小山くんの努力と共に、翔先輩のがんばりも評価されたんだと思うんですよ。
だから私もうれしい。よかったね先輩。
そして小山くん、どうぞ力一杯がんばって!
イボンヌちゃんともども、陰ながらワタクシも応援しております。
posted by ノコ | 02:56 | 櫻井 翔 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 02:56 | - | - | - |
コメント
もうさ、このタイトル見ただけで、もしかしたらって思っちゃったよ(涙目)
と、ご無沙汰しております、イボンヌです。

本当、パイオニアってスゴイよね。だれもその分野からその分野へは
踏み込んだことがない未知な世界だもんね。
ま、お試し期間というか、失敗したら、やっぱしようがないよなって
片づけられるだろうけども、それを成功させて、道を作った者に与えられる、その称号みたいなのがパイオニアだからね。
そんな先輩が作ってくれた道を、私が愛して止まないNEWSのメンバーが
一番初めに通ることになって本当にうれしく思いますよ。
・・・でも、あまりに先輩が完璧すぎるから、ちょいちょい比較材料にされてしまいそうで、ちょいと心配ですけども(笑)

でもね・・・この番組、どうも、うちらのエリアでは映らないみたいな・・・くそっ!

私も野茂英雄さんを思い浮かべる・・・フフフ

2010/03/14 09:46 by イボンヌ

イボンヌちゃん、いらっしゃ〜い! こちらこそ、ご無沙汰しております。

小山くん、記者デビュー決定おめでとう♪
報道の仕事、やってみたかったんでしょう? 本当によかったね。
一見、完璧に見える先輩もそうじゃないとこいっぱいあるし、
そもそも、最初からウマくいくはずないじゃない?
自分たちが社会人駆け出しのころを思い浮かべたら、そうだよね(苦笑)
転びながら起き上がって、成長していくんだわ。

野茂さんはね〜、本当にスゴいと思うの。功績は計り知れない。
パイオニアと聞いて彼を思い浮かべるあたり、
私たちやっぱ同世代♪

そしてそして、小山くんの記者業務、放送エリアがっ!?
今からちょくらイボ家に飛びます!
2010/03/14 10:17 by ★ノコ→イボンヌさん
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック