CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ノコニッキ
Welcome to my room
ブログパーツUL5
Search this site


オトナになって、まさか、まさかのアイドル落ち!
嵐・大野くんとの出会いから始まった、アラシックな日々を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
もう帰って来たよ!!怪物くん全て新作SP
事前情報をまったく仕入れておらず、
短編3本仕立てということもリアルタイムで初めて知りました。
面白かったですね〜。
冒頭の公開番組とうまく連動していて、
吉本新喜劇あたりを観ているような気持ちになって新鮮だった。

私は怪物くん世代ではないので、リアルタイムでアニメを見ていないと思い込んでいたんですけど、
「オオカミ男のうそ の巻」なんていうナレーションを聞いていると、
「あ、アニメもこうだったかも…」って、すごく懐かしい感覚がよみがえりました。
あれはアニメ版でのスタイルですよね? 違う??

クイズの時間では怪物太郎の扮装をしているんだけど、中身は大野智に戻っちゃって。
嵐4人のコメントを聞いてた小窓の怪物くんもそう。
そのギャップがおもしろかったです。
短編よりもさらに短い「怪物くん自転車に乗る」なんて、小ネタもちょいちょい挟まれており、
この特番、ホントおもしろかったな♪

そして最後の「カイカイ体操」。
大野さん、みんなのインストラクターみたいになってましたね(笑)
フランケンが決めどころを外さないというか、リズム感の良さの片鱗がうかがえましたよ。
あー、私も坊っちゃんの後ろで一緒に元気よく踊りたい(笑)
しかしこの踊ってる怪物くんは、かわいさと色気がハーフ&ハーフ。
これはマズいね! ワタクシのツボに入るパターン(笑)
最後にいいもん見せてもらったな。

『プリンス智“くん”のひととき』の更新も今日でラスト。
打ち上げも無事終わったそうで、大野さんの中にまたひとつ、大事な宝物が増えたんだろうな〜。
でも、本当にこれでおしまいなの?? 
いつかどこかでまた再会できることを秘かに期待しています。
posted by ノコ | 01:46 | 怪物くん | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがとう、怪物くん
「怪物くん?! あの怪物くんの実写版?!」
最初にこのニュースを耳にしたとき、久しぶりの連ドラ主演というのに、
ぶっちゃけ、ちっともテンションがあがらなかったんですよね〜。
大野さんのことなので、他の誰にも真似できない作品になるだろうと信じる一方、
「なぜに今、なぜに怪物くんなのよー」と、
ややもするとぶーぶー言いそうになっていたくらい。

この気持ちがイッキに前のめりになったのは、O.A.前に発売になった『オリ☆スタ』。
フランケンの腕にしがみついて、口をへの字にムニャムニャ眠る坊っちゃんを見たとき、
「ああ、このドラマは成功するな〜」と思いました。

私、このドラマ大好きだった。本当によかった。
大野智にしかできない役だったと思います。
大人と少年が同居しているたたずまいと、くるくる変わる表情と、
何より感情を爆発させるというか、あのビジュアルなんだけど時に鬼気迫るというか。
それは悲しみだったり怒りだったり、大野さんの演技にすごく引き込まれたんですよね。
なのに、ジタバタしたり、反則なくらいかわいい寝顔見せたり。
これまでに見たことのない引き出しを、本当にいっぱい見せてもらって。
なんだよもう、ますます好きになっちゃったじゃん★
この人の無限の可能性と言ったら大げさなんだけど、
まだまだ計り知れない力があるんだなと思いました。

この仕事との出会いは、大野さんのおっきな財産になったんだろうな。
本当はもう少し見ていたかったけど、またすぐに復活するみたいだし。
楽しませてくれて、どうもありがとう。
長丁場、お疲れさまでした!


最終回ももちろん、見どころ満載、ツボ満載♪

・デモキンと闘っているときに吐き出す怪物王子の心情は、
 大野智という人が語ったとしてもしっくりくるというか、そんな内容だった気がする。
・正直、怪物王子のビジュアルはあまり好みじゃないけれど、怪物仕様の手は好き。
 ニョッキリと長い爪も悪くない。やっぱり私は手フェチ♪
・ヒロシ&ウタコとの別れのシーン。
 あんなキテレツな格好でも、ジャケット着ると正装に見えるんだな。
・ヒロシが涙をこらえて一生懸命に怪物くんを諭している。
 怪物くんも涙をこらえているから私もがんばってみるんだけど、やっぱダメだ。
 「オレたちずっと友達だかんな」と言ったあの表情が忘れられない。
・フランケンがしゃべった! 最後にしゃべった!!
 「ありがとう…」(←流れるように) フンガー!!!
・松本さんが怪物ランドに! そしてウインク!!
 すってきな男性ですよ、本当に(←魔王時のはなまるカフェにて大野さんの松本さん評)
 この役は他のメンバーの誰よりもアナタにピッタリ。
 短いシーンなんだけど、何度もリピートしちゃった。最後にいいもん見れたな♪
posted by ノコ | 23:25 | 怪物くん | comments(0) | trackbacks(0) |
坊っちゃんの成長
人間らしくなりましたね〜、坊っちゃん。
「信じてたのにひでぇ!」
正義くんに騙されていたのだと知ったときの台詞。
初めのころの暴君とは別人のようじゃないですか。ずいぶん成長したんだね。


気付けば最終話を残すのみとなってしまいましたが、今回もちょいちょい見所が満載でした。

・本家本元と一緒に「やー」をやってるフランケンがかわいい♪
・インタビューの真似事をするホンマンちゃんのこぶしが坊ちゃんの顔の下に…。
 怪物くん、顔ちっちゃ!! え、ホンマンちゃんのこぶしよりちっちゃいのでは。ひいー!
・出たー! 大野さ…、おっと怪物くんのバドミントン姿!!
 でも、そのグリップは素人握りですね? わざとですよね??
 確かに、華麗にスマッシュを決める怪物くんはいかがなものか(笑)
・ハンモックのスヤスヤ坊ちゃん! お口が無防備。かわいすぎる〜。


そして、ここにきて「ユカイツーカイ怪物くん」CD化決定。
私、この歌を聞くと愉快な気分になるし、
なによりほがらかに歌う大野さんが大好きだし。
CDが欲しいんですけど〜…。
発売日がとっても近いので、サイダー男子とともにお持ち帰りしたい。
そうなんです、今回は「To be free」は店頭予約。
最近では完全に面の皮が厚くなったので、
いい歳こいて嵐関連のものを店頭で買うのはへっちゃらです。
でも今回は…ひさびさにハードルが高い★
電話で「ユカイツーカイ怪物くんを予約したい♪」というのが猛烈に恥ずかしい…。
ってな理由で、今日はなんとなくショップに電話しそびれました。
でも、そうだ! 律儀にフルネームで頼まなければいいんじゃないの?
「怪物くんの挿入歌」って言えばいいのでは?!
明日は予約しま〜す♪
posted by ノコ | 00:21 | 怪物くん | comments(8) | trackbacks(0) |
叫び
「消したくねぇ、消したくねぇんだよ!」

腹の奥から絞り出したような叫び声と、いろんな感情が入り混じった表情。
「俺、人間界に忘れ物した」って、ヒロシたちのもとへ走るこのシーンは、
ドラマの中で忘れられない場面のひとつになるな。

気持ちがね、揺さぶられるんです。
感情を爆発させた大野さんの演技を見ていると、
胸の奥をぎゅうっとつかまれたような気持ちになる。

それなのになんですか、ムニャムニャって。
遊び疲れてヒロシとスヤスヤ眠る坊ちゃん。
あー、もう大野智って人は。

ブレない芯の強さとふにゃふにゃのやわらかさ。
どうしようもないくらいの色気と少年のようなあどけなさ。
この人の中に同居する相反する二つが、たまらない魅力です。
posted by ノコ | 00:46 | 怪物くん | comments(0) | trackbacks(0) |
パパ!
「フンガガガ〜?」

あれまっ! ホンマンちゃん、応用バージョン?! 初めて聞いた…。
「授業参観に行かないなんて自信がないザマスねっ?」
というドラキュラに続いて、無言で坊ちゃんをけしかけるフランケン。
「自信ないんだ〜?」みたいなカンジ?
語尾が跳ね上がって、すんごいかわいかったです(笑)


今回の第6話は坊ちゃんのあまりのかわいさに、ちょっとめまいがしそうでした(笑)
いっぱいありすぎたので、箇条書き〜♪

・出たっ! 久々の「パパ!!」呼び。
・「あ〜んもうヤダー、授業参観なんか行きたくないー」ジタバタって、
 なんなのさそのキュートさ。ひいい。
・授業参観当日、父兄に混じってテヘテヘ笑う、黄色シャツ!(笑)はう〜。
 そして列の端には、まさかのパパ?!
・私、気付いちゃった。
 大野さと…アワワ、坊ちゃんの下瞼の目尻キワに入っているアイラインが好き〜。
 かわいいんだけど、色っぽい…=不思議な魅力〜♪
・坊ちゃん萌えではないけれど、お供3人の体操座りがかわいい。
 あ、体育座りって言うのか? 南では体操座り、だよね?
・でもやっぱり4人で並んで座る絵がかわいいな〜。
 坊ちゃんまでヒロシのアルバム回ってこないよ〜。
・ラストシーン、パパを追って屋敷に戻ろうとしたときの表情。
 眉間にシワが寄っていて、口がちょっとヘの字で、泣き出しそうな甘えたさそうな、
 ごめんなさいを言いたそうな。なんとも言えない複雑な表情がすごいよかった。


こないだ友達が言ってたんだけど、怪物くんは子どもに見せるのにもいい内容だって。
今回もそういう回でしたよね〜。
ただのドタバタ劇だけじゃなくて内容があるもの。
見る側にもちゃんと伝わっていますよ。
そして今回から、鹿賀丈史さんが人間界の姿で登場でしたけど、
やっぱり存在感というか、重厚感ががありますね。
このドラマ、怪物ランドと人間界、2パターンの姿が見られるのがいいんだな。
デモリーナもやっぱりキレイ!

毎回言っておりますけど、このドラマがこんなに化ける(←シツレイ!)とは思わなかった。
大野さん、いいドラマに主演できて本当によかったね〜。
「怪物くん、サイコー♪」
posted by ノコ | 02:42 | 怪物くん | comments(2) | trackbacks(0) |
いいトリオだな〜
「俺に恋を教えてくれ〜」ですって?
「いくらでも教えちゃる!」と言いたい(笑)
坊ちゃん、かわいい♪


ワタクシもちろんさとしっくですから、坊ちゃんから目が離せないんですけど、
お供のトリオがすごくいい…。5話を見て改めてそう思いました。

やっしーのドラキュラはテンポがいいし、この人はやっぱウマいなといろんな場面で思います。
オオカミ男も本当に気のいいおっちゃんというか、表情がやさしい〜。
そしてフランケン。彼の「フンガー」が、いろんな言葉に聞こえてくるから不思議。
なんだか、チョイチョイかわいいし、ホンマンちゃんはすばらしい。名優ですな♪
これはもう、本当にナイスキャスティング。

ラストシーン、そんなお供の3人を見つめる坊ちゃんの表情がとってもよかったです。
少し、オトナになりましたね。

そして、今回、一番テンションが上がったのが、「か〜いかいかい!」の2番が聞けたこと♪
ほうほう、こんな歌詞だったのね。
この挿入歌が大好きです。「ユカイツーカイ怪物くん」
イントロ聞くだけで愉快な気持ちになるんだけど、
大野さんの「か〜いかいかい♪」を聞くと、「わ〜い♪♪」って気持ちになる〜☆
posted by ノコ | 00:12 | 怪物くん | comments(2) | trackbacks(0) |
坊ちゃんの涙
私、こんな人知らない、見たことないや…。


ようやく、怪物くん第4話を見まして、
フミさんの亡骸を前にした涙のシーンが圧巻で、すごく引き込まれました。
こんな表情見たことない。
「ああ、こういうことなんだな」
先日読んだ『+act.mini』、プロデューサーの言葉の意味が分かりましたよ。

「…俳優としての表情の幅やオンとオフの切り替えの引き出しの多さは凄いんですよ。でも彼の芝居を見ても、普通の役だとせっかく多い引き出しを開けないんですよ。もちろん役によっては、出してはいけない役もありますし。そんな大野君に、怪物くんという感情の起伏が激しい役をやってもらえたら凄く面白いなって思えたし、逆に怪物くんが出来る人ってあんまりいないと思うんですよ…」

感情が爆発する様は「アマツカゼ」の凪とは別人で、
止まらない涙は「魔王」の成瀬さんともまた違っていて、
目が離せなかったな〜。
たくさんある引き出しの、その一つを見ることができてうれしいです。

最初に怪物くん実写化のニュースを聞いたときには、
「なぜに大野智?! なんで今?!」と思ったけれど、
回を重ねるごとにその意図が分かります。
しかし、代表作が成瀬、健太、怪物くんって、どんだけ振り幅が広いんだ…。
やっぱスゴいや大野智!
posted by ノコ | 00:26 | 怪物くん | comments(2) | trackbacks(0) |
違和感がない!
初回よりも第2回はさらに、大野さんが怪物くんであることに、
違和感がなくなっていました。進化してる!
そもそも、大野智をキャスティングしたとき、
制作者の頭には、この姿がクリアに描かれていたのかしら?
それとも大野さんは想像以上に化けたのか…。
その辺りを聞いてみたいものですわ。

脇を固めるキャストもやっぱりウマいよね。
ドラキュラは見る前からおもしろいこと分かってたし。
フランケンは本当に「フンガー」しか言わないんだ(笑)
でも、この同じセリフでもいろんな感情ver.があって、使い分けがおもしろいんだな。

そして「か〜いかいかい!」の挿入歌が今日も元気に響いておりました。
王子の声が伸びやかで、この歌、好きになっちゃったな〜。
愉快な気持ちになる!
ちなみに、本日のツボはゲーセンでコインを投入する「うっひょひょ〜」ってな表情と、
そのすぐ後、わ〜いっつってゲームに夢中になるプリンス。かわいい♪
第2話を見ていて、制作者がこのドラマで何を伝えたいのか、
まだなんとなくだけど、少し分かってきた気がします。

んでまた冒頭に戻ってしまうけれど、やっぱり違和感がないってスゴいことだよ、ホント!
大野智、ハマリ役だと思います。
posted by ノコ | 02:25 | 怪物くん | comments(2) | trackbacks(0) |
怪物くんが始まりました
いよいよ怪物くんが始まりました。
『オリ☆スタ』でフランケンの腕にまとわりついている
ねむねむ坊ちゃまを見て以来、O.A.をとても楽しみにしていたんです。

違和感がなかったです。
なんだかナチュラルに似合ってる。大野智、今年で30歳♪
多くのさとしっくがそうだったと思いますが、
「パパ!」「パパ!」と連呼するたびに、ひい☆とやられてしまいました。
フランケンに体ごと預けてもたれかかったり、おんぶされたり、ダダをこねたり。
か、かわいい…。

しかし、不思議な魅力がいっぱいでした。
ものすっごくかわいかったり、ときに親父風でもあり。
超絶キュートとおっさんチックが同居してるんだな。大野智そのものだわ(笑)
posted by ノコ | 01:37 | 怪物くん | comments(0) | trackbacks(0) |
cuteすぎるでしょうよ!
フンガァ〜!
なに、このちっこい生き物!!
フランケンの腕をぎゅうっとつかんで、目をつむっている坊ちゃん!!

本日発売の『オリ☆スタ』、お友達が送ってくれた画像があまりにも衝撃的で、
仕事がえりにソッコー書店にかけこみました。
ヤ、ヤバイ…大野智29歳、怪物くんの扮装がものすごく似合っているかも…。

お口が「へ」の字なんですけど!
そしてその口はぴかだぶ写真集、君江さんに「にゃーんにゃーん」と甘える、
ハルくんの口元にそっくりです(笑)
ドラマのO.A.が超絶に楽しみになってきました♪
posted by ノコ | 00:35 | 怪物くん | comments(2) | trackbacks(0) |