CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ノコニッキ
Welcome to my room
ブログパーツUL5
Search this site


オトナになって、まさか、まさかのアイドル落ち!
嵐・大野くんとの出会いから始まった、アラシックな日々を綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「We are SMAP!」2010 SMAP CONCERT TOUR
8月22日(日)福岡ドーム最終日に行ってきました。
「ジャニコンの原点に一度行ってみたいんだ〜」という私の願いを
毎年スマコンに参戦している同僚が叶えてくれたんです。

席は3塁側スタンド上段、メインステをほぼ左真横から眺める位置。
ステージ全体の様子が正面から見られないのがちょいと残念〜。
グッズも買わず手ぶらで入って何となく落ちつかずにいたら、
私の前列のお嬢さんは昨年の嵐ペンラを持ってるじゃない!
いいの?!(笑)

前置きはこのへんで、ステージを見た感想。
長くなったので、たたみます〜。
続きを読む >>
posted by ノコ | 23:55 | そのほか | comments(4) | trackbacks(0) |
変化が味わえるって…
NHKで作詞家・松本隆さんの特集が組まれていました。
この人の作る歌は本当に今も色褪せないんだな〜。懐かしい曲がいっぱい。
そして、どの曲にも思い出がいっぱい。
自分の作品は決して古くならないのだと、言い切る所がすばらしい。

番組の後半では彼の曲をたくさん歌った松田聖子ちゃんの映像が流れていたんですけど、
曲もステキだけど、聖子ちゃんはやっぱりかわいい。
髪型も衣装も、曲ごとにイメージがくるくる変わるんだけど、
その時代が読み取れて、とにかくおもしろかった。
そういう意味でも楽しめた番組だったな〜。

嵐さんたちもアイドルですから、
デビューからこれまで、いろんな方向性で売り出して、
ルックスもずいぶん変わりましたよね。
大野さんの髪型ひとつとっても、
デビューのころは光一くんばりのサラサラストレート、
01年ごろのおばちゃんパーマ時代、
映画ではハルくんのちょっと不思議な七三、
記憶に新しいところでは黒髪成瀬さん。

普通の時間を生きている人間なら、
こんな変化を味わえるって、まずいないでしょう?
いろんな自分にチャレンジできて、
瞬間ごとの「今」を残しておけるっていいよなあ。輝いてる。
単純にうらやましいです。

番組を見終わって、私は近々髪を切ろうと思い立ちましたよ。
なんだか七変化したい気持ちになってきた。単純♪(笑)
もうすぐ夏がやってきます。
今までチャレンジしたことのない髪型で、新しい季節を迎えたいな〜。

そして、番組にはKinKi Kidsも出ていました。
デビュー曲『硝子の少年』も松本隆さんの作品なんですね。
歌い踊る2人の映像を見ていたら、
アラッ?! 今バックで踊ってたJr.は翔くんじゃなかった?!
一瞬だったんだけど、確か今のはサクショウさんだったような…。
違うかな?? いや多分そう、きっとそう!
どなたかご覧になった方はいませんか? うー、気になる…。
posted by ノコ | 00:03 | そのほか | comments(4) | trackbacks(0) |
あったらいいのに♪
なんとなく、昨日のエントリの続きです。
私がいつも妄想してしまうことのひとつに、ダンスレッスンがあればいいのにと思う…。
ええ、もちろんそうです。嵐の振り付けレッスン♪

コンDVDだと左右が逆なので、ついウソばっか覚えちゃう。
だからちゃんと覚えたい。
そんなレッスンがあったら、た〜のし〜と思うんだけどな。
コンサートが迫ってきたりすると、結構需要があるんじゃないかしら? ない?!

さらにものすごく妄想してメンバーが先生だったら…とする。
大野先生の場合、見とれちゃってぽーっとなっちゃうからダメでしょう?
二宮先生はなんだか教えてくれなさそうだし(笑)
松本先生からはダメ出しばっかっくらいそう★
相葉先生はテンション上がっちゃうとその都度違う振り付けになるんじゃないか?
ってことは消去法でいくと櫻井先生?!
でも、一番クセのない櫻井先生の踊りが
実は一番分かりやすかったりするかもしんないな。

そういえば、去年、5×10ツアーで思ったんですけど、
嵐コンの定番曲でも踊ってる人がちょっと少なかった気がする…。
きっと初参戦の人の率が格段に上昇してるんでしょうね。
昨年の嵐コン@福岡ドームに参戦した、
わたくしのリアル友イボンヌちゃん(NEWSの山Pファン)も
「周りの嵐ファンより私が一番踊れてたから。先生みたくなってたよ」
と言っておりました(笑)

ちなみに私の夢は、大好きな「EYES WITH DELIGHT」をコンサートで踊ること。
カラオケでしか経験ないもんな〜。いつか実現しないかな〜♪
posted by ノコ | 00:18 | そのほか | comments(2) | trackbacks(0) |
ラジオがブームです
先日、翔さんオトノハの大変いい山っぷりから、
山コンビのオールナイトニッポンが恋しくなり、またもや聴いてしまいました。
2007年、黄色い涙公開記念のO.A.だったけど、
自分が嵐落ちした年でもあるから、当時のことを思い出したりなんかして、
何回聴いても飽きないんだよな〜。あの番組大好き! 

嵐のラジオといえば、
南でコンスタントに聴けるのは相葉ちゃんのレコメンだけ。
AM万歳、こんなときは強いですね。しかも1時間だし!
そういや当初、関東よりもこちらの方が放送時間が長いって、知らなかったっけ…。

そもそも私、ラジオって好きなんですよ。
映像だとつい見入ってしまって、いろんなことの手が止まっちゃうんだけど、
ながら聴きできるでしょう? キッチンにいるときは、今でもラジオ率高し。

なので、嵐ラジオがたくさん聴けるエリアの方がうらやましいです。
だからといって、どっかにUPされてる所まで追っかけて聴いたりはしないんだけれども。
部屋で片付けものするときとか、いただきものの音源を聴くことが多いな〜。
お友達にいただいた「嵐音」なんて本当に貴重。

今、自分の中でラジオブームです。
先日のオールナイトニッポンもその一環。
最近、通勤の車で朝は大野さんのディスカバリを聴いています。
これは親切な嵐友さんからいただいたもの。
もうね、智はくっだらないことばっかしゃべってる。
おまけに「んふっ♪」って鼻から抜ける声とか、
「ほんで〜」なんてほわほわした声連発で、
朝から力が抜けちゃうんですけど! 会社に行く気がうせる(笑)

で、帰りには翔くんの「ART OF WORDS」。
これは借り物なんだけど、今聴いてるのは2回目、奥の細道。
夜風に当たりながらまったり聴いてると、これまたなんかいいカンジですわ。
朝のかん高い智くんの声とは対照的に、翔くんの低音voice、落ち着く〜。
これも夜のお気に入り。

あれま、私ったら通勤でも山じゃない?!(笑)
posted by ノコ | 23:53 | そのほか | comments(4) | trackbacks(0) |
私信です!(crossoverさまへ)
crossoverさまへ業務連絡〜。
送っていただいたアドレスに返信しても、そちらへうまく届かないようです。
何度トライしても戻ってきちゃう★

んーっと…
ご依頼の件はオッケーなので、
先日送っていただいたメールフォームのアドレス宛に
ご住所等お知らせくださいませ〜。よろしくお願いします。
posted by ノコ | 01:08 | そのほか | comments(0) | trackbacks(0) |
いつの間に?!

ついにリアル友にファンクラブ入会者が現れました。
同僚です。ついにここまで来たか〜、嵐熱…。

ってことで、届きたてホヤホヤの会員証を見せてもらいました。
あれまっ! 噂には聞いて、画像では目にしていましたけれど、
会員証が大変身!! 一体、いつの間に?!

そしてまー、オシャレになっちゃって☆
これは昨年夏に突如リニューアルした会報と同じテイストですな。
全面シルバーラメのベースに透明のヌキ文字で「ARASHI」。
会報のロゴと書体も一緒(だったはず、多分)。
このデザインならどんな場所でも取り出すのに躊躇することもないよな〜。

しかしこうなってくると、
自分が持っているあの黄色い会員証が、逆に愛しく思えてくるから不思議です(笑)
ちなみにあのデザイナー、なんだか同世代のような気がするんだよな〜。
どことなく80年代の匂いがする…。
嵐さんたちがデビューする前にある程度経験を積んだデザイナーとなると、
やっぱり私と同世代じゃないの?!
いっそのこと探偵ナイトスクープにでも依頼して調べてもらいたいくらい(笑)

そして、このオシャレな面構え以上に驚いたのが、その会員番号。
65万を超えとる…。今はもっと多いんだとか★
ちなみに2007年7月入会のワタクシは、20万をちょびっと超えた辺り。
3年で3倍?! 皆さま、今年のツアーもチケット争奪戦、がんばりましょう(泣)

最後に。
このオシャレさん、とってもステキなポイントがもう一つ。
喫茶店のテーブルでお披露目してもらったんですけど、
天井からピンスポットが当たると透明な文字の部分が影になって、
テーブルに「ARASHI」の文字が映るのです。
すんごいキレイだったな♪
続きを読む >>
posted by ノコ | 01:45 | そのほか | comments(2) | trackbacks(0) |
香りが教えてくれました
先週末の土曜日、高校時代の友人と飲んだ帰り道、
自宅近くの坂道をふらふらと歩いていたときに、
夜風にふわりと花の香りが漂ってきました。
「あ…、沈丁花(じんちょうげ)」

最近ワタクシゴトがバタついておりまして、
日々のアラシゴトにまったく追いつけないでいるんですけど、
こうして五感に訴えてくるものは、一瞬にして「あのとき」に引き戻してくれるんだな。
この花の香りは、冬から春に向かうこの季節の東京を思い出させてくれます。


大野さん個展「FREESTYLE」。
早いな〜、もう2年だよ。
最初は行くつもりなかったんですよ。
だってコンサートでもないのにお江戸まで行くなんて★
でも結局、その前の年の「Time」コンオーラスで対面を果たした
嵐友さんたちにまた会いたくて、東京へ飛んでしまいました。
振り返るとこの遠征が私のbest of アラシゴト。それはこの先もきっと変わらないかな。
その理由や滞在中のドタバタは一年前の記事に綴っております(関連はこちら!

私は2日目の早朝から会場前に並んで、
ようやくその日の午後に智さんの作品を見ることができました。
表参道ヒルズの会場ではずっと
「Step and Go」と「冬を抱きしめて」が流れていたっけ。
だからこの曲を聞くと寒かった早朝の表参道や会場の雰囲気がとてもリアルに思い出されます。

そして、記憶を呼び覚ましてくれるもう一つのもの。それが沈丁花です。
「東京に来るならうちに泊まりなよ」
そう言ってお江戸滞在中に面倒を見てくれたお友達の家の近くに大きな木があったんです。
友人宅から最寄り駅に向かう途中、花の香りに包まれた瞬間がありました。
姿は見えないんだけどふわりと漂ってくる甘い香り。
こないだの土曜日もまったく同じだったな。
すごく懐かしい気持ちになって辺りを探すと、白くて小さな花が私の頭上に咲いていました。

でも実はそれがフリスタのころだったか、3月のアマツカゼのころだったか、
微妙に記憶が曖昧なんです…。だってあの二つの遠征はひと月とおかずに飛んだから
私の中でフリスタとアマツカゼの記憶は完全にニコイチなんですよ。
どちらの遠征だったか、そこんとこはチョット曖昧だけど、
とにかく私をあの場所に帰してくれる。

花の香りがきっかけで、先週末からずっと表参道での出来事に思いを巡らせていましたが、
振り返って思うのは、あのころはいろんなことがもっと単純だったな〜ということです。
嵐さんを取り巻く状況も応援する側の気持ちも。
最も、ベテランのファンの方に言わせると、
あのときですら、もはやそんな状況ではなくなっていたんだろうけれども。
この2年で変わったところも変わらないところもある。
それでも私は変わらずに嵐さんたちが大好きなんですけれどね。

香りが思い出させてくれた記憶は、本当に楽しいものでした。
この先もこの花に出会うたびに、あのキラキラがよみがえるんだろうな〜。
私の大切な、とても愛しい思い出です。
posted by ノコ | 02:29 | そのほか | comments(0) | trackbacks(0) |
愛用バトン
かえるやんさんからバトンが回ってきましたよ♪

「愛用バトン」
日々の愛用品を披露するバトンだそうです。
回していただいて、ずいぶん日が経ってしまいました。
遅くなりましたが、以下に続きま〜す。
長いよ!
続きを読む >>
posted by ノコ | 01:25 | そのほか | comments(12) | trackbacks(0) |
こんな所で会うなんて!
私は一般紙の新聞でひょっこり嵐に出会うとき、
いつも思いがけない場所で知り合いにバッタリ遭遇した、そんな気持ちになります。
最近で言えば、文化・芸能関係の記事で翔くんがカバチへの意気込みを語っていたり、
ずいぶん前だと舞台に主演する相葉ちゃんを取り上げて、その横顔を紹介する記事だったり。
そういう記事はときどき見かけるんですよね〜。

今日、帰宅して何気なく夕刊をめくっていたら、
一般記事が掲載される面に、写真入りでデカデカと嵐の記事が目に飛込んできて、
それはそれはビックリしました。
芸能面じゃなくて、ココ?! なんで…?!

「ゆる〜い『嵐』列島席巻」という見出しで、
「今や先輩のSMAPを追い越そうという勢いで“社会現象”とまで言われる嵐ブーム。
 人気の秘密を探った」と、リードが続きます。
中見出しの「仲良し5人」って、かわいいな!
記事は竹内義和さんのトークライブの模様から始まって、
嵐が今世の中に受け入れられている理由、
魅力を語るファンの声、長年のファンの戸惑いなどなどで構成されていました。

記事は嵐人気の秘密をこう分析しています。
「不景気で世の中がへたっている。何かほっとするものを求めているのではないか」
「品行方正だけど優等生ではなくて、収まりがいい」
「自分のペースで緩くまったり利用できるメディア(Twitter)がはやる時代。
 無理せず楽に応援できるところが、時代にマッチしたのだろう」


ほうほう、なるほど。
これは共同の記事かしら? そうだとしたら、全国の一般紙にも掲載されたに違いない。
記事の内容自体は目新しいことがあるわけでもなかったけれど、
とにかく芸能・文化面ではなく、
一般記事が入る場所に嵐の記事が陣取っていることにかなり驚いちゃって。
社会現象として捉えられてるんだもん。
記事中にもハッキリ書いてあったけど、
やっぱり「嵐ブーム」なんだなと改めて思い知らされた次第。
嵐を追っかけて丸3年。こんなグループになるなんて、ホント思いもよらなかったな〜。
posted by ノコ | 02:47 | そのほか | comments(2) | trackbacks(0) |
一人嵐!
どうも。
僕です。
23歳男子、職業デザイナー。
ごぶさたしてます。相変わらず嵐ファンです。元気です。


って、以前登場したわが社の23歳くん(関連はこちら!)
彼のことを書こう、書こうと思いつつ、ちょいとタイミングを逃しておりました。

嵐熱は変わらずに続いているみたいです。
コンサートはとても楽しかったようなんですけど、
本職の腕を生かしたウチワは制作しなかったらしい。
直前まで忙しそうだったもんね。
でももったいない! キミの腕ならすんごいのが作れたと思うのに〜。

最近の悩みは来年ファンクラブに入るかどうかのようで、
「最近、自分の周りも嵐が好きだっていう人間が増えているんですよ〜」だって。
今年の福岡コンチケは彼女のツテで回ってきたらしいんですけど、
「来年はますます激戦かもよ。チケット取れないんだから入った方がいい!」と、
姉さんはアドバイスしておきましたよ。

同じ部署ではないし、終始顔をつきあわせているワケじゃないんだけど、
機会があるごとに嵐トークを繰り広げております。
でも、ヲタ全開という調子ではないですよ。節度をもったトーク(笑)
だってギャップがありすぎるんですよ〜、ワタクシの仕事モードとヲタモードに。
だけど嵐話は楽しいので、ついついヒートアップしそうな自分がコワイ…。
まさかのサクラップ担なんて話した日にゃ、確実にドビックリされるな…。
そこんとこは内緒♪
ささやかな交流としては、先日ファンクラブの会報をあげました。
「いいんすかっ?!」って、うれしそうだったな〜♪
いいんです、いいんです。姉さんはまだ持っているのでね。

その23歳くんが先日、髪をバッサリと切ってきて、
とてもスッキリ、いいカンジに仕上がっておりました。うんうん、すごい似合ってる。
「なんか翔くんみたいだね〜」と誉めると、超うれしそうだったな。
周りの同僚に「『翔くんって言われた!』って自慢するんでしょ」と
からかわれておりました。
そしてその髪型、後頭部のもふもふ具合がなんだか智ちっくでもある。
もふもふをさわりつつ「ここは大野くんだね〜♪」って言ったら、
「一人嵐!」って、さらにうれしそうでした。
「そのうちまとめて5人分取り入れますよ!」とか言ってたけど、それってむずくない?(笑)
かっわいいな〜、23歳!
posted by ノコ | 23:08 | そのほか | comments(2) | trackbacks(0) |